読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shi0shishi0

とても眠い。

山の日なのでヤマノススメの「思い出の山」、谷川岳に登りました。

山の日が制定されて、8月11日が祝日になりました。これは山に登る良いきっかけになるかなと思い、前々から登ってみたかった谷川岳に登ってきました。
谷川岳はアニメ「ヤマノススメ」セカンドシーズンの第21話~23話で主人公たちが挑む、「思い出の山」として登場します。ヤマノススメ聖地巡礼として飯能(天覧山)、高尾山、霧ヶ峰には足を運んだので、今回の谷川岳で4つ目の聖地巡礼になりました。今回はその谷川岳の山頂付近にある、「肩ノ小屋」という山小屋を目指しました。

東京駅

今回の登山では、東京駅から谷川岳の麓にある土合駅に向かいました。東京駅6:08発の新幹線(とき301号)に乗って高崎駅まで行き、高崎からは上越線を乗り継いで土合駅に向かいました。
早い時間の電車でしたが、山の日ということもあってか登山客っぽい方がたくさん。

f:id:echoha610:20160811053850j:plain

土合駅

東京駅から2時間半ぐらい電車を乗り継ぎ、8時30分頃には土合駅へ到着しました。
この駅の上越線下りホームは地下にあり、「もぐら駅」と呼ばれているそうです。着いてみると確かに地下空間にホームがあり、不思議な感じの駅でした。
このホームから改札までの階段は462段もあるらしく、地上に出るまでがかなり大変でした。

f:id:echoha610:20160811084707j:plain

土合駅・改札前

階段を登り切って地上に出て、まずは登山カードの記入をしました。ヤマノススメのアニメでも楓さんが書いていた紙で、どこに向かうのか、何時までに下山する予定か、などを記入して箱に投入します。いざという時はこの紙の情報を参考にして救助等を行なってもらうそうです。
また、谷川岳は登りやすい山である反面、遭難者数も実はとても多いそうです。(ただ、遭難する人は一般のルートではないルートから登る人に多いのだとか)

f:id:echoha610:20160813113500j:plain

記入が終わったあとは、歩いてロープウェイ乗り場を目指しました。土合駅からロープウェイ乗り場まではのんびり歩いて30分ぐらいでした。結構遠い。

ロープウェイ乗り場 ~ 天神峠駅

谷川岳の麓のロープウェイ乗り場から、あおいちゃんが顔面Blu-rayになっていたロープウェイに乗って天神平駅まで移動しました。
そのまま天神平から峠リフトに乗車し、天神峠駅まで更に登りました。

天神峠駅に到着し、ここから登山を始めました。ここに到着したのが午前10時過ぎ頃でした。
立て札によると、谷川岳の山頂まではリフト乗り場付近から3kmとのことです。距離だけ見るとかなり近く感じますが…

f:id:echoha610:20160811095847j:plain

赤い丸で囲んだあたりに今回の目的地である肩ノ小屋があります。うーん、超遠く見える。
小屋があるあたりの右側の尖っているところは、「トマノ耳」と「オキノ耳」というらしく、これらが谷川岳の山頂にあたるそうです。

f:id:echoha610:20160811100128j:plain

ヤマノススメではトマノ耳があおいとひなたの思い出の場所となっており、オキノ耳で最後に集合写真を撮っていました。

f:id:echoha610:20160813114707j:plain

山頂目指して進み始めると、リフトを使わずに登るコースとの合流地点がありました。
谷川岳山頂まで3.3km…遠くなってますね??? あおいもそんな話をアニメ本編でしていましたね。

f:id:echoha610:20160811102000j:plain

谷川岳の道筋は一本道になっており、ここからは少しづつ休憩を挟みつつずっと道なりに進みました。最初は森の中を抜けて行く道となっており、40分ほど歩くと、熊穴沢避難小屋という休憩場所に到着しました。アニメでは、ここからあおいがほのかを追いかけながら進んでいってましたね。

f:id:echoha610:20160811104443j:plain

避難小屋から更に進むと、だんだん岩場のような道になってきました。鎖やロープが道に張ってあるところもあり、それを使ったりしつつ進みました。

f:id:echoha610:20160811110153j:plain

途中からは道が細くなりつつも、空が開けた道になっていきます。天狗のトマリ場、天神のザンゲ岩のあるあたりまで来るととても眺めが良く、道が広くなっているところでは止まって後ろや横を眺めつつ歩きました。下の方に町やリフトも観えます。随分登ってきたなぁ~となりました。

f:id:echoha610:20160811141808j:plain

肩ノ小屋

最後の上り坂を越えて、12時半頃に目的地の肩ノ小屋がある広場に到着しました。山の日ということもあってか、かなり人が多かったです。
小屋の中に入らせていただき、ここで昼食を取りました。持ってきた黒糖蒸しパンが気圧の差のせいかぺちゃんこに…

f:id:echoha610:20160811123155j:plain

事前に調べてこなかったので知らなかったのですが、小屋の中でお茶や水などの飲み物を販売してくれていたのが地味にありがたかったです。(水を飲み過ぎて足りなくなってしまっていたので)

のんびりしたあとは山小屋のある広場をぐるっと回って、景色を眺めました。広場からは西黒尾根の「ラクダのコル」と「ラクダの背」が綺麗に見えました。晴れている日の尾根の眺めって凄く良いですね。こちらのルートから登ることも可能らしいですが、今回登ったルートよりも難易度が高いものだとか。

f:id:echoha610:20160811131716j:plain

ここから30分ほどでトマノ耳とオキノ耳まで行けるようですが、今回は時間の関係もあり、山小屋周りを彷徨いて下山しました。

f:id:echoha610:20160811132417j:plain

13時45分頃に下山を開始し、15時30分頃には麓のロープウェイ乗り場まで戻ることができました。
今回、初めて登山具というものを揃えて山に登りましたが、天気の良い日に登れたこともあってかとても気持ちの良いものでした。山頂付近から眺める景色が素晴らしかったので、またそのうち登山に挑戦してみたいなと思います。

ヤマノススメ聖地巡礼としては、次は富士山かなぁ。